2004年5月、大阪と東京で「昼の豆本・夜の豆本」というグループ展に参加したときの作品です。